ここでは、蓋付のカップジェラートを美味しく
召し上がって頂くためのテクニックを
3つご紹介いたします。

市販のアイスでも活用出来るので
是非お試しくださいね♪

美味しさの秘密は食感にあり!

金属製のスプーンを
使ってみて

効率良く熱を通し、耐久性が強く、
舌触りが滑らかな金属製のスプーン。
ジェラートを必要以上に溶かすことなく、
しっかりと練ることでジェラートの味が
数倍アップします。

密度の高さがジェラートの特徴!

食べる分を
しっかり練ります

ジェラートは約30%の空気を含みます。
「空気を抜くよう」にスプーンで練ることで
原料の密度が高まり、より舌触りの良い
食感のジェラートになります。

※ちなみに市販のアイスはより多くの空気を
含みます。(約50~100%)

時間も味の大事な要素!

冷凍庫から出したら
少し待ちます

冷凍ブルーベリーをそのまま食べても
美味しくないように、
カチカチに冷え切ったジェラートは
香り、食感、味が「硬い」もの。
縁から光沢が出てくるまで我慢すれば
美味しい温度になります。

如何でしょうか?
ちょっと手間は掛かりますが、
美味しいジェラートを食べられたら
幸せな気分に包まれるはず。

是非色々な楽しみ方に
チャレンジしてみて下さいね♪